一般歯科・小児歯科

治療の流れ

1 受付・問診

問診票をご記入いただき、お口の中の状態を確認します。
現在の症状や歯科治療に対するご希望を伺います。
※痛みがあるときは応急措置を優先します。
1回の診察時間は、通常1時間です。

矢印

2 検査

必要に応じて、レントゲン検査や口腔内写真の撮影などを行います。
歯科医師が虫歯や歯茎の状態を見て、お口の中を検査します。

矢印

3 説明

検査結果に基づき、現在の状態と原因、歯周病の進行状況や今後の治療についてお話をします。
口頭だけではなく、モニターで口の中の様子をご覧いただき、視覚的にわかりやすく説明します。

矢印

4 治療

歯茎の状態を整えたうえで、患者さま一人ひとりに応じた治療を開始します。
歯周病の進行状況によっては、治療効果を高めるために歯石除去を先に行います。

矢印

5 メンテナンス

治療によって問題が解決したら、お口の健康を保つために定期的なメンテナンスをおすすめしています。
通常、治療から1カ月後に1回目のメンテナンスを行い、あとは3~4カ月ごとに定期的なチェックを継続します。

一般歯科

一般歯科とは、ほとんどの患者さまが来院したときに受ける治療です。主に虫歯や歯周病の治療を行います。
当院では、「できるだけ歯を削らない、抜かない、痛くない治療」を心がけています。
使える歯は極力生かす方針を取り、お口の状態をしっかり確認していただいたうえで、患者さまが納得できる治療を行っています。

患者さまの多くは、歯に痛みを感じてから歯科医院に来院されますが、痛みを感じたときは、すでに虫歯はかなり進行している状態です。
虫歯に侵された部分は、残念ながら徹底的に除去しなければいけません。重度の場合は、根管治療や抜歯が必要になります。
虫歯は進行すればするほど治療期間が長くなり、治療費用も高くなり、患者さまに負担がかかってしまいます。

虫歯に対して一番大切なことは、早期発見と早期治療です。プラーク(歯垢)を歯磨きによって減らし、虫歯になりにくい状態を保つことが肝心です。
当院ではプラークコントロールのために、ご自分に合った歯ブラシ選びのアドバイスも行っています。

毎日歯磨きをしていても、ブラシが届きにくい場所にはプラークが溜まり、バイオフィルム(菌膜)を形成します。
バイオフィルムや歯石は、歯ブラシで取ることができないため、プロによる歯のクリーニング=PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning )が必要になります。
定期的なメンテナスでプラークや歯石を完全に除去し、虫歯になりにくい口腔環境を保ちましょう。

小児歯科

お子さんの健やかな成長のために、早期の虫歯治療と毎日のケアは欠かせません。
乳歯が虫歯になると、後から生えてくる永久歯も虫歯になりやすくなったり、曲がった状態で生えてきたりすることがあります。また、食べ物をしっかり噛んで食べることができなくなり、顎の発達が不十分になるなどの悪影響があります。

当院では、できるだけ初期の段階で虫歯を発見し、削らない、痛くない治療を心がけています。
乳歯に虫歯が見つかった場合、その治療はもちろん、虫歯予防や歯磨きの指導など、お子さんの成長に応じたさまざまなケアを行っています。
4カ月ごとに定期的なチェックもおすすめしています。

セルフケアに関しては、お子さんが自主的に歯ブラシを持ってもらえる指導を基本に、最適な歯ブラシや歯磨き粉選び、お父さんやお母さんによる仕上げ磨きなど、毎日の暮らしのなかで無理なく続けられる方法をお伝えしています。

TEL:093-583-3770 メールお問い合せ