歯周病治療・予防歯科

歯周病とは

歯周病は、歯を支える歯茎や骨が破壊されていく病気です。
歯と歯茎の間にある歯周ポケットにプラーク(歯垢)が溜まり、プラークに含まれる細菌が毒素を出して炎症を引き起こすことが主な原因です。

歯周病の恐ろしさは、痛みなどの自覚症状がないため、進行に気づかないことです。放置しておくと歯を支える顎の骨が溶けて、歯を失うことになってしまいます。
痛みや腫れ、歯がぐらぐらしてものが噛みにくい状態は、すでに末期症状です。歯周病も虫歯と同じように、早期治療が鍵となります。

一番わかりやすい症状は、ブラッシング時の出血です。歯茎が腫れや痛み、口臭がある場合も、歯周病が進行している可能性があります。
このような症状があるときは、早めに歯科医院を受診しましょう。

初期

ほとんど自覚症状がない
歯茎が少し腫れる
歯磨きで出血することがある
歯周ポケット3~4mm

中期

炎症が進んで歯茎の腫れがひどくなる
歯磨きのたびに出血する
歯周ポケット4~6mm

後期(重度)

歯がぐらぐらしてものが噛みにくい
歯肉の位置が下がり、歯の根元がむき出しになる
歯周ポケット8mm以上

歯周病の治療方法

歯周病は適切なプラークコントロールによって、予防と治療ができる病気です。

歯垢(プラーク)が溜まると硬くなり、歯石に変わって歯の表面に付着します。歯石の中には細菌が入り込んでいて、毒素を出して歯周病を進行させます。
歯石はブラッシングだけでは取り除くことができないため、機械を使って除去します。
この処置はスケーリングと呼ばれ、歯周病治療には欠かせません。定期的にスケーリングを行うことで歯茎の状態がよくなり、初期から中期の歯周病はかなり改善されます。

後期で歯周病が重度の場合は、抜歯が必要になることもあります。
抜歯後の人工歯にはさまざまな選択肢があります。当院では歯科技工士と連携して、患者さまに最適なものをご提案しています。

予防歯科

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってからの治療ではなく、予防を大切にすることです。治療をした後もメンテナンスをしっかりと行い、快適な状態を維持しましょう。

定期検診では、お口の中の状態をチェックし、検査結果をモニターで患者さまに見ていただきます。プラークコントロールのために、歯ブラシ選びやブラッシングのアドバイスも行っています。
毎日歯を磨いていても磨き残しはあるものです。歯ブラシで取れないプラーク(歯垢)や歯石は、PMTC(プロによるクリーニング)で丁寧に除去します。
PMTCでは、虫歯や歯周病の原因を取り除き、歯の表面をつるつるにして細菌がつきにくい状態にします。

定期的に検診を受けていれば、虫歯や歯周病になってもすぐに発見することができます。早い段階で治療をすることで、その後の治療期間が短縮でき、したがって治療費も低く抑えられます。
自分の歯で食事や会話が楽しめるのは素晴らしいことです。いつまでもそうしていられるように、積極的に予防に取り組みましょう。

スタッフブログ
TEL:093-583-3770 メールお問い合せ