Scroll

Page top

×

現在 採用受付中

採用情報

インプラント治療

インプラントとは

  • 虫歯、歯周病、外傷などによって歯を失った場合は、すぐに歯の機能を回復させる必要があります。その際に注目を集めているのが、インプラント治療です。
    歯を失った部位の顎の骨に、チタン製の人工歯根を埋め込み、時間をかけて結合させます。その上から人工歯を装着することで、見た目や噛み心地を天然歯に近づけることが可能です。ブリッジや入れ歯に次ぐ「第三の治療法」として多くの方がご利用しています。

  • インプラントとその他の治療との違い

    歯を失った際の選択肢として、インプラント以外にはブリッジや入れ歯が考えられます。
    ブリッジ(人工歯冠)は、リーズナブルですが両隣の歯を削るのがデメリットです。また、部分入れ歯(義歯)も、周りの歯を使って装置を固定させるので、健康な歯にダメージが蓄積することがあります。
    一方で、インプラント治療は、歯を失った部分の顎骨に人工歯根を埋め込むのが特徴です。そのため健康な歯を削る必要がありません。骨の量がしっかりと確保されていれば、インプラント体と顎の骨が着実に結合するので噛み心地にも優れています。

充実した設備で行う当院のインプラント治療

インプラント治療は外科的手術をともなうので、不安に感じておられる方も多いのではないでしょうか?
そこで当院ではそんな患者様の心身の負担を少しでも減らし、
より不安のない手術ができるよう、充実した設備を整えております。

  • 歯科用CT

    インプラントを埋め込むあごの骨には、重要な神経・血管が存在するため、綿密な検査・診断が必要です。そこで歯科用CTによる撮影を行い、あごの骨の厚みや高さ、神経の位置を正確に把握できるようにしています。そうすることで手術中の事故を防ぎ、より安全な治療が可能になります。

  • 手術のシミュレーションとサージカルガイド

    手術の前には、まず検査結果を元にコンピューター上で手術のシミュレーションを実施します。そしてインプラントをあごの骨に埋め込む際に使うドリルを正確な位置に保持するための医療器具「サージカルガイド」を作製します。綿密な検査と準備をしてから手術を行いますのでご安心ください。

  • モニタリングの機器

    手術中は心拍数や体温、血圧、酸素飽和度、心電図を常に測定・記録できる生体モニターで全身的な管理をしています。このモニターにより、万が一何か異変が起こった際も迅速に対処ができるため、より不安なく手術を行うことが可能です。

  • 信頼性の高いインプラントシステム

    当院が使用している3i(スリーアイ)インプラントは、アメリカのバイオメット3i社が製造するインプラントシステムです。種類が豊富で、さまざまなお口の状態に対応でき、世界的にも広いシェアを誇るインプラントですので、自信を持っておすすめいたします。
    (※お口の状態によって、難しい症例の患者様は九州歯科大学付属病院へ紹介する場合があります)

    ジンマー・バイオメット・デンタルホームページはこちら

    九州歯科大学付属病院の詳細はこちら

  • 徹底した感染予防対策

    当院では病院内で別の病気に感染してしまう院内感染を起こさないよう、感染予防対策を徹底しています。歯科医師や歯科衛生士が使うグローブ(手袋)やマスク、ガウン(手術用の着衣)、手術器具を置くトレー等、使い捨てにできる道具は使い捨てにし、他の患者様に使いまわすことはしません。また手術に使用する器具で使い捨てにできないものは、汚染の原因となる血液や唾液を確実に洗い流して、消毒・滅菌を徹底しています。その際に使う滅菌機は、世界で最も厳しいヨーロッパの基準をクリアした最新の機器です。衛生的でより正確なインプラント手術をご提供しています。

  • 個室の手術室(オペ室)で行う治療

    インプラント手術は個室の手術室で行います。それにより空気感染を防ぎ、より清潔な環境で手術を行うことが可能です。
    また診療台は1回ごとにバリアフィルムを張り、衛生的に保っています。

当院のインプラント治療紹介

  • インプラントのメリット・デメリット

    • メリット

      • 顎の骨と人工歯根が結合するので噛み心地に優れています
      • ほとんどのケースにおいて周りの歯を削りません
      • 安定的な咬み合わせが期待できます
      • 顎の筋肉が衰えにくい傾向にあります
    • デメリット

      • 自由診療となります(保険適用外)
      • 外科手術が必要になります
      • 治療期間が長くなります
      • 術後すぐは噛んだ際に違和感を覚える可能性があります
      • 術後すぐは痛み・腫れなどが生じる可能性があります
  • 料金案内

    • インプラント埋入(検査料ガイド料込み)

      275,000円

    • 上部構造

      132,000円~154,000円

      手術(1次・2次)費用+完成予定模型作製料+CT撮影用ステント作製料込み

      ※料金は税込価格です。

  • 骨造成

    • ソケットリフト

      110,000円

    • GBR

      110,000円

    • サイナスリフト

      220,000円

    • CT撮影(診断のみの場合)

      13,200円

    • ※料金は税込価格です。

  • インプラント治療の流れ

      1. Step01

        検査

        検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

      2. Step02

        治療計画の説明

        歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

      3. Step03

        手術

        インプラント本体をあごの骨に埋め込みます。

      4. Step04

        人工歯の装着

        インプラント本体の上に人工の歯を装着します。

      5. Step05

        メインテナンス

        インプラントを長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。