Scroll

Page top

×

現在 採用受付中

採用情報

新着情報

歯を失ってしまったら

抜歯をした場合には、なくなった歯を補う治療をします。

大きく分けて【1】インプラント、【2】義歯、【3】ブリッジという3つの方法があります。

抜歯したままで放置しておくと、隣の歯が斜めになったり、対顎の歯が浮いてきたりします。虫歯や歯周病のリスクを高めるだけでなく、噛み合わせが悪くなると体全体のバランスを崩す危険性もあるため、できるだけ速やかな治療が必要です。

 

インプラント

歯がなくなったところに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。

人工歯根は顎の骨にしっかり固定されるため、機能的にも見た目にも、自分の歯と同じような感覚が得られます。ブリッジのように、わざわざ隣の健康な歯を削る必要もありません。

保険適用外の治療になるため費用はかかりますが、治療後の快適さは最も優れています。

インプラントは歯科医師の専門知識と技術が必要な治療法です。

当院では、インプラントをご希望する患者さまには十分な説明を行い、CT撮影で骨や神経など組織の状況を3次元的に把握して、より安全で確実な治療につなげています。

 

 

義歯

部分入れ歯(義歯)は、残っている歯に針金をかけて使用する人工歯です。

インプラントのような外科処置がないため、歯型を取った後に入れ歯を作製し、すぐに使うことができます。食事の後や寝る前には取り外しが必要です。

義歯には、総入れ歯と部分入れ歯があり、材質は多種多様です。それぞれに一長一短がありますので、患者様のご希望や状態に合ったものを選択し、着用時の違和感を最小限に抑える工夫をしています。